スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

ラベルライター、ネームランド、ピータッチなど

本体とテープがあれば、好きな文字を印字できますよ。
アイロン接着用や耐水のテープもあって便利。
キャラクター柄のテープもあるので、自分の好みでいろいろなシールが作れます。
キャラクターが入った枠の印刷ができる機種もありますし、絵文字の印刷も可能なので
目印にもなりますね。
機種によってテープの最大の幅が決まっているので、それ以上大きいシールは作れません。
小、中、大、特大、と文字の大きさも変えれるので、それでたいてい事足りると思います。
大きいシールが必要なことは少ないですしね。
数字やアルファベット、漢字も印刷できます。
子どもが大きくなってからは名前も漢字で書くようになるので、長く使えそうですね。
ただ、本体を購入しないといけないし、テープも買い足す必要がありますけどね。
私は実際にピータッチを使っていて、かなり重宝していますよ。子どもの名前つけ以外(キッチンの調味料のラベルとか)にも使っていますし、元は取れた!と思っていますが…。
| その他の名前つけグッズ | 00:21 | - | - | - | - |

ハンコ

専用のインクで押すハンコ。プラスチックや布にも押せるし、洗濯も可能です。
シールは使えばなくなるけど、ハンコは何度も使えるので便利かも。
何年も使っているとにじむようになったり、インクが固まってきたりってこともあるらしいですが。
通販でも購入できるし、店頭においてある手芸屋さんもある。
たいていはひらがながいくつか入っているので、自分の好きな文字を組み合わせて使える。
…なので、きょうだいでも同じハンコで名前つけができますね。
| その他の名前つけグッズ | 00:19 | - | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
END jugem_ad -->
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM